Squid3 がリリースされてから随分とたってしまったけど、squid.confの資料をSquid.3.4に合わせて改定しました。

Squid2.5に比べ、タグ名(ディレクティブ名)など変更されている部分があったり、パラメータが多くなっていたりと大分変更されています。

squid + haproxy + heartbeat を組み合わせて、ロードバランサ&Proxyの構築を試してみた。結果、うまく動いたので資料を作成。 しかし、自分の Heartbeat の知識がずいぶん前で止まっていたので、pacemaker で手間取ってしまいました。 得るものが多かったので満足。

Joomla templates by a4joomla