phote-200804-01.jpgphote-200805-01.jpgphote-200811-02.jpgtamasaki.png

KVM上でWindows2008R2

バックアップソフトの操作練習のためにWindows 2008R2 をKVMの仮想環境にインストールしたので、ついでにディスクの速度を確認してみた。
ドライバとして、virtioを組み込みキャッシュをライトキャッシュモードにて実施。(因みにライトスルーモードだと、標準のドライバと性能差はありませんでした)

KVMホストのCPUは Celeron  E3300でメモリとして仮想環境に2GBを割り当て。

テスト用なら、これだけ出れば十分でしょう。

設定をミスしていた。

このサイトは、「Hurricane Electric(HE)」のIPv6 tunnelbrokerを経由してIPv6接続を実現しているのだが、HEから払い出しを受けしているIPアドレスを勘違いした状態でルータの設定をしている事に昨日気づいてしまった。
現在は問題ないと思うが、もしかしたら昨日までは他のサイトに迷惑をかけていたかも知れない。orz

今まで、良く動いてたと思うよ。本当

MS-CHAPv2は終末を迎えました。

MS-CHAPv2が100%クラッキング可能な事が示唆されました。

https://isc.sans.edu/diary.html?storyid=13807

今 はまだ、複数のGPUパワーが必要なので直ぐに危機を迎えるかは判りませんが、ロジックとして100%クラック可能なのでインターネット上に公開されてい るPPTP VPNゲートウェイおよび無線LANの認証でMS-CHAPv2を利用している場合には注意してください。

代替えは、OpenVPNやIPSecが良いでしょう。

NEC IX2025のDPD

IX2025とアライドのIPSec接続を再度確認。
ファームのVer8.3ではDPD機能を持っていない気がしてきた。
まあ、接続自体は問題ないし、結構スムーズに接続できているので、アライド+NECはアリかな。って気がしている。
個人で使うなら、IX2105あたりが消費電力も小さくてねらい目だろうか。

富士通のSi-R 220Cも意外と消費電力が小さく、ファンレスで静かなのでお勧め。 ただし、コマンド体系はそれなりに複雑なので、初心者にはお勧めしません。 パワーユーザなら、Si-R180Bあたりが色々と遊べます。

(訂正)その後、NEC様に確認したところ、v8.3でもDPDは対応しているという事でした。失礼しました。

Copyright @ 2019 ROBATA. All Rights Reserved.