大失敗をやらかしてしまいました。 外部に公開しているDNSがOpen Resolver状態になってため、isc.org に大量のDNSクエリを発生させている事が判明。

今は、Open Resolver状態は解決してますが、現在でも多くのサイトから攻撃クエリが定期的に送られてきております。

取り敢えず、攻撃を実施しているサイトには申し訳ありませんが、本サイトへのDNSクエリをファイアーウォールですべて拒否させて頂いております。 結果として、まれに本サイトにアクセスできないといった現象が出るかもしれませんが、当該ユーザのサイトから攻撃パケットを送りつけている状態なので

PCにFreeNXをインストールし起動したが、 'Cannot initialize the display service'となってサーバーに接続できなかった。
カスペルスキー(KASPERSKY)のアンチウイルス 2013(インターネットセキュリティ 2013)がインストールされていると駄目みたいな情報があったので、カスペルスキーとFreeNXをアンインストールし、FreeNXのプログラムフォルダを削除してから再度FreeNXをインストールしたら動くようになったみたい。
FreeNXをインストール後にカスペルスキーも再度インストールすると、何故かFreeNXは問題なく動作するみたい。

↑PCを再起動するとやはり、NXクライアントがサーバと接続できなくなった。

とりあえず、カスペルスキーの運用はあきらめて Bitdefender のフリー版を使うことに

Joomla templates by a4joomla